こんにちは、HIRAKAWAです。

ビタミンラジオ局のシンセキ(専門用語ですみません(笑):お友達以上の友達と表現しておきます)の元全日本女子バレーボール選手の齋藤真由美さんがクラウドファンディングを立ち上げました。

ぜひ!ご縁を繋げて行きたいですね。下記の情報の続きは、引用先にて見てみて下さいね。

はじめに・ご挨拶

みなさん、はじめまして。

プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。
元全日本女子バレーボール選手の齋藤真由美です。
現役時代から『マッチョ』というニックネームで応援いただいてきました。

現在は『一般社団法人監督が怒ってはいけない大会』のパートナーアスリートとして、同じく元全日本女子バレーボール代表選手の益子直美さんとともに、「監督が怒ってはいけない」ルールの大会を全国に広める活動に参加。その他、バレーボール教室や講演イベント等も、積極的に行っています。

また『はちみつマイスター』の資格を取り、はちみつの効能をスポーツ界をはじめ多くの方に伝える取り組みも行っています。今回は、新しい挑戦に向けて皆さまのお力をお借りしたく、クラウドファンディングに挑戦することとなりました。アスリートや子どもたちが、前向きにスポーツを続けていけるよう食×癒しの観点からサポートしていきたい。この後の文章もお読みいただき共感いただけましたら応援いただけますと幸いです。

現役時代に感じた課題

私は度重なる怪我、交通事故などによって、怪我に苦しんだ現役時代でした。どんなに気持ちがあっても、身体の状態がベストでないとよいパフォーマンスにつなげることができないという経験をしました。苦しい思いをしていたのは私だけではなく、当時は昭和のスパルタな厳しい指導を受ける時代でもあり、才能のある選手が酷使され悩み苦しんだ末、若くして引退をしていく選手達を何人も見てきました。
心と身体のバランスがとても大事なのに『いかに強くなるか』を突き詰めることがあっても心と身体を『いかに癒すか』ということをきちんと考えられていないケースが多いことが課題だと感じたのです。

自然の力で回復!はちみつとの出会い

時代は変わり、アスリート達の心に寄り添う指導へと変化すべき流れの中で、指導者の意識を変えるための活動をする一方、心を癒し身体をつくる、生きる源である「食」に関しても取り組んでいきたいと考えていました。
そんな中、息子が幼稚園に通いだした頃にママ友さんから、お土産に頂いた「はちみつ」の美味しさに衝撃を受けました。「はちみつ」は美味しいだけでないということを知り、どんどん「はちみつ」の魅力に引き込まれていきスポーツに携わる多くの人たちにも、はちみつの魅力を伝えたいと「はちみつマイスター」の資格を取得しました。

はちみつの力をスポーツの世界にも広めたい!

引用先:https://camp-fire.jp/projects/542702/preview?token=364qffcs