本日は、鑑定をお休みして舞台を観に行きました。

堤真一さん×橋本良亮さん主演の「良い子はみんなご褒美がもらえる」です。

みどころ!

堤真一×橋本良亮(A.B.C-Z)が初タッグ、怒涛の如く押し寄せるストッパードの言葉に挑む。
35人のオーケストラが演奏する壮大な音楽の中で、二人の熱量が舞台上でスパークする!

出演は誹謗罪で囚われ、精神病棟へ送り込まれる政治犯、アレクサンドル役は、ストッパード作品は『アルカディア』に続いて2作目となる実力派俳優 堤真一が演じる。政治犯にも関わらず精神病院に収監され、「社会の常識」から外れているとレッテルを貼られてしまった男がどのように「自由」を手にするのか、初演時にはイアン・マッケランが演じた難役に挑む。
そして堤真一と初タッグを組むのは今夏、村上龍の『コインロッカー・ベイビーズ』で見事に二役を演じきったA.B.C-Zの橋本良亮。彼にしか演じ得ない「狂気」という武器を最大限に活かし、オーケストラを従えていると妄想する狂人役で実力派堤真一に挑む。
ステージ上で演奏する35名のオーケストラを従えて、ふたりが舞台で織りなすな世界は演劇ファンならずとも必見です。

引用先:https://www.tbs.co.jp/act/event/yoiko2019/
*期間が終了すると削除されている事もあります。

引用先:http://www.parco-play.com/web/play/egbdf2019/
*期間が終了すると削除されている事もあります。

1時間15分と短く感じましたが濃密な舞台でしたね。最後の10秒ですべてを完結???いや最後のシーンは、私達、観ているお客様でストーリを完結するしかない内容でした。もう一度、思い出して考えてみたくなる舞台ですね。生のオーケストラも迫力がありみどころでした。

楽しい空間ありがとうございました。