こんにちは、HIRAKAWAです。

2019年も引続き、ご縁のあった皆さまの講演会、勉強会、セミナー、トークショー、舞台、映画、コンサートへ遊びに行きたいと思います。

今日は、河合さんの単独としては初めての主演舞台だと聞きワクワクしながら観てきました。

前回の「コインロッカー・ベイビーズ」もすごくよかった。今回も河合さんらしい良い舞台でした。

ネタバレは、できないのでエンタメで、ご確認ください。

 

A.B.C-Zの河合郁人、単独初主演舞台は「堂々と自信を持ってやっていきたい!」

2019年3月~4月松竹公演『トリッパー遊園地』の制作発表が15日、都内で行われ、河合郁人(A.B.C-Z)、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、榎木孝明、渋谷天笑、純名里沙、いしのようこ、惣田紗莉渚(SKE48)、演出の川浪ナミヲが出席した。

前列左から榎木孝明、河合郁人、辰巳雄大、後列左からいしのようこ、渋谷天笑、惣田紗莉渚、純名里沙

同舞台は、河合郁人の単独としては初めての主演舞台。廃れた遊園地の経営改革の乗り出そうとする山ノ内遊園地の社長・山ノ内マサヒロ役に河合が扮し、戦時中の1944年にタイムスリップして遊園地のあるべき姿や人々が楽しめる場所の大切さに気づき始める、というストーリーとなっている。

引用先:https://news.mynavi.jp/article/20190116-756916/