沖縄ユタHIRAKAWA公式ブログ

映画「君がまた走り出すとき」友人の山下リオさん出演&舞台挨拶

再更新日:2019年2月9日

こんばんは、HIRAKAWAです。先ほど、今日の舞台挨拶がネットニュース等で公開されました。

その場に、居れた事に感謝です。

映画『君がまた走り出すとき』川口先行上映 記念舞台挨拶!寛一郎、山下リオ、松原智恵子、菜葉菜、辻本祐樹、綱島恵里香、中泉裕矢監督が作品について語る!

映画『君がまた走り出すとき』が、いよいよ2019年2月8日(金)より埼玉県川口市のMOVIX川口にて「川口先行上映」がスタートした。(3月2日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開が決定。)先行上映を記念し、本日2月9日(土)、主演:寛一郎、共演:山下リオ、松原智恵子、菜葉菜、辻本祐樹、綱島恵里香、そして中泉裕矢監督による川口先行上映記念舞台挨拶が開催された。

“歴史的寒波”に日本が覆われ雪がチラつく中、満席の劇場に登場した主演・寛一郎は、「寒い中、雪の中、そして三連休の初日にご来場いただきまして、ありがとうございます。川口市製作で、全編川口市で撮影させていただいきました。川口の映画だと思っているので、川口市で最初に公開できたことがすごく嬉しいです!」と、川口市のお客様に向けて感謝を伝えた。

中泉裕矢監督は「川口で公開が始まったことが嬉しいですし、今日、この6人と集まれたのが嬉しいです。」と再会に喜びを隠せない様子だった。

山下リオは、「朝はやくから、雪の中を来てくださってありがとうございます。撮影現場はキャスト、スタッフともに仲が良く、撮影を進めていきながら絆が生まれた感覚がある映画です。私にとっても大切な作品になりましたので、川口の皆さんに観ていただけたことが何より嬉しいです。」と笑顔で挨拶をした。

松原智恵子は、「寒い中劇場にいらしてくださってありがとうございます。私の撮影は家のシーンが多く、川口の街中には出ていかなかったのですが、撮影中に近所の方とお会いすると気さくに話してくださって、川口の方は優しいのだなあという印象があります。」と撮影を振り返り、印象に残っているシーンを聞かれると「お寺さんで寛一郎さんと2人で話したり、ワラジを結わえつけるシーンが印象に残っています。走らなくてはいけない時、また何か一歩踏み出す時に、このお寺さんで願掛けをしていただき、ワラジを結んでみるといいと思います。」と、川口市民に川口の名所をアピールした。

辻本祐樹も、映画の中で自身がランナーとして走るシーンを振り返り、「土手を走っている時、勿論気持ちよかったのですが、川口市民ランナーの方に走り方を教えていただきました。川口市民の方に教えていただけたことがスクリーンにのせられてよかったです。」と、市民の皆さんに“ランナー”に仕上げていただけたことを明らかにした。

綱島恵里香は「シックスタートルズが結成され、ここにいらっしゃる出演者の皆さんたちで話をするシーンがありますが、私は病室にいることが多い役だったので皆さんと外で撮影できた時、“お芝居をしているなあ”という気持ちが深まった思い出のシーンでした。」と、共演者との思い出を語った。

菜葉菜は最後に「川口市の皆さんと一緒に作った作品だと思っています。川口から発信して、いろんな方にひろめていただいて、一緒に盛り上げていっていただけたら有り難いと思います。」と頭をさげ、監督は、「寛一郎さんが、日に日に自分の演出がいらなくなっていくことがよい作品になる手応えで、最後のシーンは、撮影前に寛一郎さんに“いけるよね?”と聞くと、“大丈夫です”と頷いたことが蘇ります。作品を一緒につくっているんだなあと実感していました。思い出の詰まった本作は、川口の映画だとおもっておりますので、この映画を楽しんでいただけたらと思います。」とお客様に伝えた。

映画『君がまた走り出すとき』は、2月8日(金)よりMOVIX川口にて川口先行上映中!そして、3月2日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

引用先:http://actresspress.com/cinema-kimimata20190209/

 


こんにちは、HIRAKAWAです。

友人の山下リオさん出演の映画「君がまた走り出すとき」上映後に舞台挨拶があるとの情報が入った為、行ってきました。

ブログなので感想等も書きたいのですが(泣)ネタバレになってしまうので「観て欲しい作品です。」の一言だけにします。これからもドシドシ映画、舞台、ライブ、勉強会、セミナー、講演会等に参加して楽しみたいと思います。

本日の舞台挨拶がネット上で公開されましたら、更新します。

映画『君がまた走り出すとき』舞台挨拶 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018オープニングセレモニー

 

中泉裕矢監督/菜葉菜/長谷川初範/山下リオ/寛 一郎/松原智恵子/綱島恵里香/辻本祐樹

世界に先駆けてデジタルシネマにフォーカスし、次代を担う若手映像クリエイターの登竜門として2004年にスタートした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」(主催:埼玉県、川口市ほか)が、本日7月13日(金)、節目の15回目となる開催初日を迎え、国内外からコンペティション部門のノミネート監督や審査員ほかゲストが多数来場してのオープニング・セレモニーを実施。10日間にわたる映画祭が華やかに幕を開けた。

セレモニー後のオープニング上映では、開催地・川口市が製作し、市内各所で撮影が行われ、エキストラとして約300人の市民が参加した、『君がまた走り出すとき』をワールド・プレミア上映。
本作監督を務めたのは、短編『母との旅』『エンドロールを撮りに』が評価された新鋭・中泉裕矢。
日本人男性で初めて世界6大マラソンを走破した市民ランナー・古市武さん(川口市在住)の生き様に触発され、マラソンを通じて人生を見つめ直す人々の姿を描いた人間ドラマ。

山下リオ
撮影が5月の下旬ぐらいで、2 週間ないくらいのタイトな期間でした。それからまだ2ヶ月も経っていないのですが、すごく昔のことのように感じます。それくらい、撮影が楽しくて充実していて、特に役作りを意識することもなく、等身大で演じて。不思議な感覚を持てた現場でした。

引用先:http://www.nbpress.online/archives/11373